体育会武道班6クラブが、鍛錬を重ねた技を披露! 「第36回演武祭」を開催しました。

10月25日、鶴記念体育館にて学内6つの武道系クラブによる「第36回演武祭」を開催しました。今年も、「エイッ」「ヤーッ」と鋭い掛け声が体育館に響く中、各クラブとも迫力たっぷりの演武を披露。見学者が武道を体験できるコーナーもあり、会場が一体となって盛り上がりました。

開会式では生命学部長の土屋義信先生が「日ごろの稽古の成果を発揮し、はつらつとした演武を期待しています」とあいさつ。

開会式では生命学部長の土屋義信先生が「日ごろの稽古の成果を発揮し、はつらつとした演武を期待しています」とあいさつ。

開会式には各クラブの出場者が集合。学歌斉唱で気合いを入れました。

開会式には各クラブの出場者が集合。学歌斉唱で気合いを入れました。

  • 合気道部
    相手の力に逆らわず、その力を利用して制する合気道。基本の技、武器を持つ相手をさばく技、複数の相手に対する技を披露しました。局所をとらえる小さな動きで相手の体が翻る様子は、見る者の心に爽快感をもたらします。
  • 柔道部
    柔道の基本である「受け身」の練習を2名で実演。次々と繰り出される投げ技に、場内はくぎ付けになりました。体験コーナーでは3名が背負い投げを体験。短時間の指導で見事な1本を取っていました。
刃物を手に襲い掛かる相手の腕を、冷静な動きでとらえて制します。(合気道部)

刃物を手に襲い掛かる相手の腕を、冷静な動きでとらえて制します。(合気道部)

合気道部は総勢13名(この日は8名が参加)。女子部員も3名在籍しています。

合気道部は総勢13名(この日は8名が参加)。女子部員も3名在籍しています。

「この機会に、合気道のことをもっとアピールしていきたいと考えています。これからも練習に励みます」と合気道部の井尻悠介君(環境学部地球環境学科・2年)。

「この機会に、合気道のことをもっとアピールしていきたいと考えています。これからも練習に励みます」と合気道部の井尻悠介君(環境学部地球環境学科・2年)。

流れるように繰り出される投げ技と受け身に目が離せません。(柔道部)

流れるように繰り出される投げ技と受け身に目が離せません。(柔道部)

  • 剣道部
    今年は部員数が増え、大会での上位入賞を目指している剣道部。部員がずらりと並んだ稽古風景の実演では、「メン」「ドウ」「コテ」という大きな声と、「バチッ」と竹刀の打ち合う音が響きわたりました。
  • 少林寺拳法部
    日本で創始した武道である少林寺拳法。はじめに披露した団体演武では、5人そろったキビキビとした動きや、力強い足音が印象的でした。他にも組演武や単独演武など、気迫のこもった動きを見せてくれました。
多人数による打ち込み稽古の実演で、体育館内はまるで道場のような雰囲気に。(剣道部)

多人数による打ち込み稽古の実演で、体育館内はまるで道場のような雰囲気に。(剣道部)

少林寺拳法部の体験コーナーでは、技のポイントを見学者にもわかりやすく解説してくれました。

少林寺拳法部の体験コーナーでは、技のポイントを見学者にもわかりやすく解説してくれました。

  • 空手道部
    型競技の演武の実演では、風切り音が聞こえるほどキレのある手拳の動きを披露。「部員一人一人が実力を十分発揮できるように、試合時と同じ型を披露しました」と松葉祐介君(情報学部知的情報システム学科・2年)。体験コーナーでは、二人一組で行う組手で、参加者が中段突きや中段蹴りなどを体験しました。
  • ボクシング部
    これまでプロボクサーやアマチュアボクシング指導者などを輩出してきた伝統あるボクシング部。シャドーボクシングやスパーリングのほか、試合形式で寸止めする迫力のあるパスボクシングを、リングコール付きで披露しました。
体験コーナーでは、参加者が「ヤーッ」の掛け声とともに中段蹴りを見事に決めました。(空手道部)

体験コーナーでは、参加者が「ヤーッ」の掛け声とともに中段蹴りを見事に決めました。(空手道部)

「毎日の稽古で実力を磨いています。現在、部員募集中。一度、道場をのぞいてみてください」と松葉祐介君(情報学部知的情報システム学科・2年)。

「毎日の稽古で実力を磨いています。現在、部員募集中。一度、道場をのぞいてみてください」と松葉祐介君(情報学部知的情報システム学科・2年)。

数分間のスパーリングで全身汗だくに。ミットを打つ音がリズミカルに響きます。(ボクシング部)

数分間のスパーリングで全身汗だくに。ミットを打つ音がリズミカルに響きます。(ボクシング部)

全クラブの演武終了後、景品の当たる抽選会が行われました。

全クラブの演武終了後、景品の当たる抽選会が行われました。

終了後、演武祭実行委員会副委員長の神本佳崇君(工学部知能機械工学科・2年)は、「各クラブが連携できるようにサポートしてきました。今日を無事に終えることができてよかったです。来年はさらに素晴らしい演武をお見せできるように頑張りますので、ぜひ見に来てほしいと思います」と話してくれました。

「迫力のある各クラブの演武を、来年はさらに多くの方に見ていただきたいです」と神本君。

「迫力のある各クラブの演武を、来年はさらに多くの方に見ていただきたいです」と神本君。

見学に来られた他大学の学園祭実行委員の方からは「いろいろな演武を見ることができて楽しかったです」との声をいただきました。

見学に来られた他大学の学園祭実行委員の方からは「いろいろな演武を見ることができて楽しかったです」との声をいただきました。

普段、なかなか見ることができない武道系クラブの活動を一度にまとめて見ることができる演武祭。来年も開催しますので、その迫力をぜひ「生」で体感してください。きっと、武道を見る目が変わるはずです。

体育会本部

関連情報