本学学生が2020年度中国新聞キャンパスリポーター最優秀賞を受賞。学長表彰を行いました

2021年2月、「2020年度中国新聞キャンパスリポーター賞」の表彰式が中国新聞本社において実施されました。中国新聞キャンパスリポーターとは、学生が学生ならではの視点で、大学内外のニュースや話題を取材・執筆し、中国新聞の紙面やWebサイトで発信する活動です。毎年、年間を通して優れた活動をした学生が選出され、表彰されます。2020年度は広島県下の6大学の学生7人が選ばれ、本学からは2人の学生が受賞。食品生命科学科4年の近藤令奈さん(広島県立広島井口高等学校/広島県)が最優秀賞に選ばれました。

学長から表彰状を受け取る近藤さん

学長から表彰状を受け取る近藤さん

近藤さんの最優秀賞受賞を賞して、2021年6月、学長から表彰状と副賞の授与を行いました。その後、活動を通して経験したことや感じたことに関して学長と歓談を行いました。

「努力は報われ、経験が自分の糧になることを後輩にも伝えていきたい」と近藤さん

「努力は報われ、経験が自分の糧になることを後輩にも伝えていきたい」と近藤さん

「今回の受賞は自分だけの力ではありません。取材に協力してくださった方や原稿の添削をしてくださった新聞社の方など、周りの方々のサポートがあってのことです。この活動以外にも国際交流など大学で貴重な経験をさせてもらっています。今後も周りの人への感謝の気持ちを忘れず、様々なことに取組んでいきたいです」と近藤さんは語ってくれました。
長坂学長は「残り1年の学生生活も活動を通して充実したものにしてください。後輩にも活動の楽しさを伝えて、思いが受け継がれることを期待しています」と締めくくりました。

関連情報