緊急事態宣言の発令に伴う、本学の対応について

本学では、文部科学省の指針を踏まえ、学生の学修機会確保と感染防止対策を念頭に、約4割の授業をオンラインとするとともに、対面授業においては、教室定員を通常の2/3に制限するなど感染防止対策を図っております。


このたび、広島県に対して緊急事態宣言が発令されることに伴い、授業は原則オンライン(実験・実習や卒論指導など、対面が不可欠な場合を除く)とし、課外活動においては、大会等が予定されているもの以外は活動中止とすることといたしました。


また、緊急事態宣言期間中、許可のある方のみ入構可といたします。


皆様の引き続きのご理解とご協力をお願いいたします。

関連情報