万全の準備でそれぞれの夢をつかもう!就活キックオフガイダンスを開催しました。

広島工業大学では、就職活動を迎える学生を対象に、毎年「就活キックオフガイダンス」を開催しています。就職活動は、まずは準備をしっかりすることが肝心。2016年卒業・修了予定者から会社説明会や企業の選考活動の解禁時期が変更されたこともあり、常に最新の情報にアンテナを張り巡らせておく必要があります。
そこで、これから就職活動を行う学生が必要とする情報を提供し、就職活動へ向けた思いを新たにしてほしいという考えのもと、この就活キックオフガイダンスを開催しています。

会場のデネブホール前には、やる気に満ちた学生が長蛇の列をつくりました。

会場のデネブホール前には、やる気に満ちた学生が長蛇の列をつくりました。

発声の後にお辞儀を行う「分離あいさつ」でガイダンスはスタート。

発声の後にお辞儀を行う「分離あいさつ」でガイダンスはスタート。

10月7日に行われた今年度の就活キックオフガイダンスでは、まず就職委員長の福田先生が「現在は景気がよく売り手市場と言われていますが、スケジュールの変更もあり混乱している部分もあります。だからこそ、自分自身の目指す進路についてよく調べ、しっかり準備を行うことが大切です。大学にはさまざまな就職支援プログラムが用意されていますので、大いに活用してください」と学生を激励しました。

「就職活動中は、自分自身と向き合い、多くのことを考えます。そこで、大きく成長できるのです」と福田先生。

「就職活動中は、自分自身と向き合い、多くのことを考えます。そこで、大きく成長できるのです」と福田先生。

まだ慣れないスーツに身を包みながらも、ガイダンスを受けることで心は「就活モード」に。

まだ慣れないスーツに身を包みながらも、ガイダンスを受けることで心は「就活モード」に。

続いて、広島工業大学キャリアアドバイザーの大野先生から「何が変わった今年の就職活動 起きた問題と就職内定のためのポイント」というテーマで講演がありました。現在、就職活動のスケジュールが後ろ倒しになったことにより、大きな変化が起こっています。その変化をしっかり分析しどんな準備が必要なのか、そして企業が学生に期待する能力は何なのか、大野先生の豊富な経験から導き出されたポイントを教えていただきました。

「就職活動対策ももちろん大切ですが、学生の本分である勉学に真剣に取り組むことで知識や技術、課題解決能力を養うことができます」と大野先生。

「就職活動対策ももちろん大切ですが、学生の本分である勉学に真剣に取り組むことで知識や技術、課題解決能力を養うことができます」と大野先生。

準備のためにもスケジュールの確認は大切。ムダのない日々を過ごしたいものです。

準備のためにもスケジュールの確認は大切。ムダのない日々を過ごしたいものです。

最後に就職部から、各種就職サポートプログラムの紹介、今後のスケジュールなどの説明がありキックオフガイダンスは終了しました。

参加した学生に就職活動に臨む意気込みを聞きました。
恵美晴香さん(環境学部環境デザイン学科・3年)「人の話にしっかり耳を傾けることが大切だと思うので、その中からコミュニケーション能力を磨いていきたいです。女子学生キャリアデザインセンター(JCDセンター)の活動を通じて、責任感が身に付いたと思うので、そうした部分を企業の方々に伝えたいです
中島由里絵さん(環境学部環境デザイン学科・3年)「お話を聞いて、これから準備が大変になりそうだと気が引き締まりました。自己分析をしっかり行い、自分にどんな長所があるのかもう一度考えてみたいです
弘中祐介君(情報学部知的情報システム学科・3年)「今まであまり就職について真剣に考えてこなかったので、今日は気合いを入れ直すいい機会になりました。気持ちを切らさないように、大学で行われる就職関連の講座を受講して、就職に対する意識を高めていきたいです
古賀空君(情報学部知的情報システム学科・3年)「今のうちに情報関係の資格を取得し、自分の武器にしたいです。まずは企業のことをよく知ることが大切だと思うので、就職部の資料を活用しながら研究していきたいです
立石暁久君(情報学部知的情報システム学科・3年)「人と関わるシチュエーションを増やしてコミュニケーション能力を高め、自分をしっかりアピールできるようになりたいです。資格取得は以前から意識していたのですが、さらに頑張っていきたいです

「好奇心旺盛でいろんなことにチャレンジしてきた部分が私の長所。しっかりアピールしたいです」(左 中島さん)「今日の話を聞いて、もっと頑張らなければと気持ちが引き締まりました」(右 恵美さん)

「好奇心旺盛でいろんなことにチャレンジしてきた部分が私の長所。しっかりアピールしたいです」(左 中島さん)「今日の話を聞いて、もっと頑張らなければと気持ちが引き締まりました」(右 恵美さん)

「就職部で行っているグループディスカッションの講座に参加します」(右 古賀君)「売り手市場との話がありましたが、油断することなく、しっかり就職を決めたいです」(中 弘中君)「地元広島にどんな企業があるのか、くわしく調べたいです」(左 立石君)

「就職部で行っているグループディスカッションの講座に参加します」(右 古賀君)「売り手市場との話がありましたが、油断することなく、しっかり就職を決めたいです」(中 弘中君)「地元広島にどんな企業があるのか、くわしく調べたいです」(左 立石君)

広島工業大学には、就職活動を応援するさまざまなサポート体制が整っています。それらを存分に活用することで、悔いのない就職活動を送ってほしいですね。頑張ってください。

就職支援プログラム

関連情報