広島テレビ「テレビ派(街かど伝言板)」に出演しました

9月18日放送の「テレビ派」(広島テレビ)内コーナー「街かど伝言板」に、女子学生キャリアデザインセンター(以下:JCDセンター)「キャロミプロジェクト」のメンバーが出演。9月25日に投票を締め切った「ゆるキャラグランプリ2020」に出場しているJCDセンターのマスコットキャラクター「キャロミ」への応援投票を呼び掛けました。

左から小島さん、キャロミに扮する中村さん、垰さん

テレビに出演したのは、垰 明穂(工学部機械システム工学科2年)さん、中村 美遊(環境学部建築デザイン学科1年)さん、小島 愛優(生命学部食品生命科学科1年)さんの3人。この日に向けて、原稿や手持ちのポスターを用意したほか、テレビの視聴者プレゼント用にキャロミプロジェクトメンバーの2年生がデザインしたオリジナルマウスパット用意しました。当日は準備万端で広島テレビへ。収録はテレビ局の1階ロビーで行われ、打ち合わせ、リハーサル、本番と緊張しながらも、力強くキャロミの応援をアピールしました。

マウスパッドを紹介する小島さん。

「キャロミプロジェクト」は、学生が制作したJCDセンターのマスコットキャラクター「キャロミ」を用いて、同センターの情報発信を行っています。今年度の活動は、「ゆるキャラグランプリ2020」の応募からスタートしました。同グランプリに出場するのは、昨年に引き続き2回目。今年は、昨年の69位(427エントリー)を超える50位までに入ることを目指しています。

手作りのポスターを準備して投票を呼び掛ける

「キャロミプロジェクト」のリーダーを務める垰さんは、「入学式当日に見たキャロミが本当にかわいくて、プロジェクトに参加しました。大好きなキャロミが少しでも上位に入るように頑張りました。テレビの効果があるとうれしいです」と話してくれました。

ゆるキャラグランプリの結果発表は10月3日、4日岩手県で行われるグランプリで発表される予定です。

関連情報