保護者と大学を結ぶコミュニケーションの場 2015年度教育懇談会を開催しました。

広島工業大学では、本学の教員が保護者の皆さまと個人懇談形式でお話しする「教育懇談会」を、毎年秋に実施しています。本学会場以外にも、関西から九州、四国まで9カ所の学外会場で開催し、ご子女の学修状況や学生生活、就職活動などについて教員と直接話ができる機会、そして保護者の皆さま同士の懇親を深める機会としてご好評をいただいています。
10月10日に開催された、2015年度教育懇談会・本学会場の模様をご紹介します。

本学会場には約400組、500名を超える保護者の皆さまにお越しいただきました。昨年度と比べ約50組も多くの方に参加いただき、保護者の皆さまの注目度の高さがうかがえました。

本学会場には約400組、500名を超える保護者の皆さまにお越しいただきました。昨年度と比べ約50組も多くの方に参加いただき、保護者の皆さまの注目度の高さがうかがえました。

「保護者の皆さまと有意義な情報交換をさせていただきたいと思います」と鶴学長のあいさつでスタート。

「保護者の皆さまと有意義な情報交換をさせていただきたいと思います」と鶴学長のあいさつでスタート。

まずは、デネブホールにて全体説明が行われました。はじめに鶴学長があいさつ。「トライアスロンはスタートからラスト1分までは苦しみの連続、最後の1分は感動だと言います。学生にとっては卒業の時が、その最後の1分。感動を味わってもらいたいという思いで教育にあたっています」と、体育の日にちなみ学生時代をトライアスロンに例え、教育への思いを語りました。続いて、教育の特長や修学支援制度、履修・受講に関する注意点といった「教育・学生支援の現状説明」、内定率や就職活動スケジュール、企業が求める人材といった「就職状況報告」、そして後援会総会の報告が行われました。

教育・学生支援の現状説明では、HITチャレンジ制度など、学生生活を充実させるための代表的な学生活動の紹介もありました。

教育・学生支援の現状説明では、HITチャレンジ制度など、学生生活を充実させるための代表的な学生活動の紹介もありました。

「企業が求める能力は多様な経験によって培われます。サークル活動や留学など、学生時代にしかできないことに打ち込むようアドバイスをお願いします」と福田就職部長。

「企業が求める能力は多様な経験によって培われます。サークル活動や留学など、学生時代にしかできないことに打ち込むようアドバイスをお願いします」と福田就職部長。

続いて昼食会が行われました。学科ごとに教員と保護者の皆さまが共にテーブルを囲み、和やかな雰囲気の中で、ご子女の教育や就職について話しながら、懇親を深めていただきました。

Nexus21  2階のレストラン「リーフガーデン」と10階のスカイテリア、4号館1階アベベ食堂の3つの会場に分かれ、昼食を楽しみました。こちらはリーフガーデン会場の様子です。

Nexus21  2階のレストラン「リーフガーデン」と10階のスカイテリア、4号館1階アベベ食堂の3つの会場に分かれ、昼食を楽しみました。こちらはリーフガーデン会場の様子です。

こちらはスカイテリア会場の様子。大きな窓からは瀬戸内海を一望できます。

こちらはスカイテリア会場の様子。大きな窓からは瀬戸内海を一望できます。

昼食を取りながらの懇談。リラックスした雰囲気の中で情報交換を行います。

昼食を取りながらの懇談。リラックスした雰囲気の中で情報交換を行います。

教員と保護者の皆さま、そして保護者の皆さま同士の懇親を深める場となりました。

教員と保護者の皆さま、そして保護者の皆さま同士の懇親を深める場となりました。

ご参加いただいた保護者の方々に話を伺いました。
いろいろな方のお話を聞くことができて参考になりました。就職状況について聞くことができて良かったです」(生命学部食品生命科学科・1年  林成美さんのお母さま)

先生方が誠実で真面目な印象ですね。学生のことをきちんと考えていらっしゃると感じ、子どもを安心して任せることができると思いました」(生命学部食品生命科学科・1年  百崎大起君のお母さま)

現場の先生と直接話し、大学の現状を知ることができるので、大変有意義な機会だと思います。先生方のことがわかるのもいいですね」(環境学部地球環境学科・3年  先坊真翔君のご両親)

「保護者同士の交流が持てるのもいいですね」と当日が初対面の林さんのお母さま(右)と百崎君のお母さま。「同じ学科ならではの話題で共感できます」

「保護者同士の交流が持てるのもいいですね」と当日が初対面の林さんのお母さま(右)と百崎君のお母さま。「同じ学科ならではの話題で共感できます」

先坊君のご両親は宮崎から足を運んでくださいました。「広工大は宮崎でもけっこう知名度が高いですよ」とお父さま。「昨年参加して大変参考になったので、今年も参加しました」

先坊君のご両親は宮崎から足を運んでくださいました。「広工大は宮崎でもけっこう知名度が高いですよ」とお父さま。「昨年参加して大変参考になったので、今年も参加しました」

昼食会の後は、学科別の説明会と個人懇談が行われました。

地球環境学科の説明会では、情報通信技術を用いた学びとその分野、取得可能な資格、内定率や就職活動の傾向など、学科ならではの特徴を紹介しました。

地球環境学科の説明会では、情報通信技術を用いた学びとその分野、取得可能な資格、内定率や就職活動の傾向など、学科ならではの特徴を紹介しました。

個人懇談では、成績や就職など何でも直接教員と話をすることができます。「がんばって勉強している様子がわかり安心しました」と工学部知能機械工学科の八房先生と懇談した柳楽翔麻君(2年)のお母さま。

個人懇談では、成績や就職など何でも直接教員と話をすることができます。「がんばって勉強している様子がわかり安心しました」と工学部知能機械工学科の八房先生と懇談した柳楽翔麻君(2年)のお母さま。

広川遼太郎君(情報学部情報工学科・1年)のご両親は学科の永田先生と懇談。「先生の一生懸命な姿勢に、安心感を覚えました。今日のことをきっかけに、大学のことについて子どもともっと話をしたいと思います」と広工大OBのお父さま。

広川遼太郎君(情報学部情報工学科・1年)のご両親は学科の永田先生と懇談。「先生の一生懸命な姿勢に、安心感を覚えました。今日のことをきっかけに、大学のことについて子どもともっと話をしたいと思います」と広工大OBのお父さま。

就職部では就職情報コーナーを開設。求人検索システムや就職サポートプログラムを紹介し、就職活動に関する保護者の皆さまの疑問や質問に職員が答えました。

就職部では就職情報コーナーを開設。求人検索システムや就職サポートプログラムを紹介し、就職活動に関する保護者の皆さまの疑問や質問に職員が答えました。

保護者の皆さまそれぞれに、教育懇談会の意義を感じていただけたのではないでしょうか。教育懇談会にご参加いただいた保護者の皆さま、インタビューにご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

教育懇談会

関連情報