麻疹(はしか)が増加しています!!

広島市は2014年5月11日現在、全国の麻疹(はしか)の累積報告数が332件となっており、昨年同時期の報告数(120件)を大幅に上回っていると発表しました。広島市では、2014年第2週(1月6日~1月12日)に今年初めて報告が1件ありました。第3週以降は、患者発生の報告はありませんが注意が必要です。

1回の予防接種により95%以上の確率で免疫を取得するといわれていますが、100%確実という訳ではありません。そして、1度免疫を取得しても免疫が低下してくる場合もあります。

麻疹ウイルスの感染力は非常に強く、1人の患者から集団感染を引き起こすことも多く注意が必要です。

麻疹(はしか)は麻疹ウイルスによって引き起こされる感染症です。

■症 状

   主 症 状 : 発熱、咳、鼻水といった風邪症状後39℃前後の高熱耳の後ろから始まって体全体へと広がる赤い発疹
   感染経路 : 空気感染、飛沫感染、接触感染
   潜伏期間 : 約10日
   回復期間 : 解熱後3日を経過するまで

■予 防

   麻疹(はしか)ワクチン接種

   流行時には外出を避け、人ごみに近づかない

(参 考)
麻疹(はしか)(広島市)のページ

 

お問い合わせ:
 広島工業大学 学務部(保健室)
 〒731-5193 広島市佐伯区三宅2-1-1
 TEL 082-921-4239(直通)   FAX 
082-921-8954
 E-mail 
hoken@it-hiroshima.ac.jp

関連情報