"感染性胃腸炎"に注意!!

 感染性胃腸炎は、細菌、ウィルスなどにより引き起こされ、下痢、おう吐を主な症状とする胃腸炎です。特に、冬季は12月から2月にかけてノロウイルスを、3月から5月にかけてはロタウイルスを原因とする胃腸炎が多く発生します。広島市では、11月5日にノロウイルスの集団発生が1件報告され、その後も患者数は増加しています。汚染した食品、便、吐物などから感染します。

感染性胃腸炎と診断された方は、登校しないで保健室まで連絡してください。

【症状】
  下痢、吐き気、おう吐、腹痛、発熱

【潜伏期間】
  24~48時間
  2~3日で軽快し後遺症もありません

【流行時期】
  冬季(11月~3月)を中心に1年中

【予防方法】
  予防には、石けんと流水による手洗いの徹底、おう吐物や便の適切な処理が重要です
  (特にトイレの後、便や吐物を処理した後、調理の前、食事の前など)

〈参考〉
*ノロウィルスQ&A (厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

*最近の動向 感染性胃腸炎(広島市ホームページ)
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1268263712429/index.html

■お問い合わせ:
   広島工業大学 学務部(保健室)
   〒731-5193 広島市佐伯区三宅2-1-1
   TEL 082-921-4239(直通)
   FAX 082-921-8954
   E-mail hoken@it-hiroshima.ac.jp

関連情報