音楽系クラブ・サークルが魅せる!輝く!「第49回定期演奏会」

7月6日、第49回広島工業大学定期演奏会「Light Music Concert2014」を開催しました。これは、音楽系クラブやサークルが日頃の活動成果を披露し、ご来場いただいたお客さまに楽しんでいただく学生自治会文化局主催のライブイベントです。吹奏楽部、グリークラブ、鼓遊会(和太鼓サークル)、軽音楽部、ロック部、フォークソング部の6つのクラブ・サークルが出演、それぞれがエネルギーあふれる渾身のパフォーマンスを繰り広げ、会場は大いに盛り上がりました。また、今年は大物ゲストデュオの「サスケ」さんが特別出演。圧巻のステージで会場を沸かせてくれました。

「地域の方々にも楽しんでいただきたい」という思いから、今年は会場を広工大から佐伯区民文化センターに移して開催しました。

「地域の方々にも楽しんでいただきたい」という思いから、今年は会場を広工大から佐伯区民文化センターに移して開催しました。

「ご来場の皆さんに楽しんでいただけるよう精いっぱい努力しました」と定期演奏会実行委員長の柏崎達夫君(工学部建築工学科・3年)

「ご来場の皆さんに楽しんでいただけるよう精いっぱい努力しました」と定期演奏会実行委員長の柏崎達夫君(工学部建築工学科・3年)

幕開けを飾るのは吹奏楽部。低音の管楽器の魅力が光る「ピンクパンサーのテーマ」、強い意志を表現した「Let it go」、フルートなどのソロ演奏にも注目の「リトルマーメイドメドレー」の3曲を披露しました。
続いて、グリークラブ。一人ひとりの声が層のように重なり、心地よいサウンドとして観客の胸に響きます。3組のバンドがそれぞれの個性を発揮して、素敵なハーモニーを奏でました。

演奏会の幕開けにふさわしい明るく爽やかなステージでした。(吹奏楽部)

演奏会の幕開けにふさわしい明るく爽やかなステージでした。(吹奏楽部)

「勇気100%」「100万回のI love you」「MICKEY MOUSE MARCH」「ルージュの伝言」と、勇気や元気を与えてくれるハーモニーを披露。(グリークラブ)

「勇気100%」「100万回のI love you」「MICKEY MOUSE MARCH」「ルージュの伝言」と、勇気や元気を与えてくれるハーモニーを披露。(グリークラブ)

続いては和太鼓サークル「鼓遊会」です。一人ひとりが力強い音を主張しながらも、それらが見事に調和して一体感が生まれていく...感動を生む圧巻のステージでした。
先輩たちのパフォーマンスに憧れて入部したという新入部員の1年生に話を聞きました。
一人ひとりの音が一つに重なる瞬間の感動が一番の魅力です」(島田彩花さん 工学部建築工学科・1年)
太鼓を強く叩けば良い音が出るというものではありません。その難しさも魅力の一つです」(深谷侑右君 環境学部環境デザイン学科・1年)

打ち手一人ひとりの気迫が伝わる力強いパフォーマンスで観客を魅了。(鼓遊会)

打ち手一人ひとりの気迫が伝わる力強いパフォーマンスで観客を魅了。(鼓遊会)

和太鼓の魅力や楽しさを伝えていくために日々練習しています!(1列目一番右が深谷君、2列目一番右が島田さん)

和太鼓の魅力や楽しさを伝えていくために日々練習しています!(1列目一番右が深谷君、2列目一番右が島田さん)

ここで15分の休憩タイム。休憩時間中にご来場いただいた広島文教女子大学の学生さんに感想を伺いました。
私たちの学校にも和太鼓のサークルはあるのですが、男子メンバーのいる鼓遊会の演奏は迫力がありますね」(門田悠さん)
アカペラの美しいハーモニーに感動しました」(井上千智さん)
吹奏楽部の演奏も知っている曲ばかりで楽しめました」(今村早希さん)

右から井上千智さん、門田悠さん、今村早希さん。

右から井上千智さん、門田悠さん、今村早希さん。

後半のスタートは軽音楽部。披露したのはジャズのスタンダードナンバーです。「St.Thomas」「Israel」「Isn't she lovely」「My Cherie Amour」。会場は大人のムードに包まれました。
続いてはロック部のステージ。元気な歌声と息の合った演奏で一気にヒートアップ!「箒星」「GIFT」「メーデー」「supernova」を披露しました。
クラブ・サークルステージのトリを飾るのはフォークソング部。ポップスやロック、メタルなど、さまざまなジャンルの音楽を楽しむフォークソング部は「GO-ON」「蝋人形の館」「Smells Like Teen Spirits」「The Beginning」といったタテノリの激しい曲で、最後まで会場を盛り上げました。

アップテンポの曲からスローナンバーへという構成で、観客をジャズの世界へ誘います。(軽音楽部)

アップテンポの曲からスローナンバーへという構成で、観客をジャズの世界へ誘います。(軽音楽部)

「一緒に盛り上がりましょう!」の掛け声に会場が一つになりました。(ロック部)

「一緒に盛り上がりましょう!」の掛け声に会場が一つになりました。(ロック部)

熱いシャウトが響き渡ります。(フォークソング部)

熱いシャウトが響き渡ります。(フォークソング部)

最後は、いよいよゲストの男性デュオ「サスケ」さんの登場です。大ヒット曲「青いベンチ」や新曲「青いラブソング」を含む5曲を聴かせてくださいました。爽やかでやさしいハーモニーに観客は一瞬で心を掴まれ、会場はあっという間に暖かな一体感に包まれました。

爽やかでやさしいハーモニーに、会場はうっとりと歌の世界に引き込まれました。

爽やかでやさしいハーモニーに、会場はうっとりと歌の世界に引き込まれました。

心に残る素敵な時間をつくってくださった「サスケ」の奥山さんと北清水さん、本当にありがとうございました。

心に残る素敵な時間をつくってくださった「サスケ」の奥山さんと北清水さん、本当にありがとうございました。

今年も各クラブ・サークルと学生自治会文化局が力を合わせ、仲間と一緒に音楽を楽しむ素晴らしさが伝わる最高のステージをつくりあげました。各クラブ・サークルの皆さん、第52期学生自治会文化局の皆さん、お疲れさまでした!

クラブ活動

吹奏楽部

グリークラブ

鼓遊会

軽音楽部

ロック部

フォークソング部

文化局

関連情報