衛星から防災を考える なぎさ公園小学校4年生の校外学習で、地球環境学科の菅先生が講師を務めました。

10月28日、なぎさ公園小学校の4年生84名が2班に分かれて、広島市西区井口の広島工業大学高校内にある広島工業大学地球観測ステーションを訪れ、地球観測衛星の働きについて学びました。
宮島街道沿いに見える大きなパラボラアンテナがあるところが、広島工業大学地球観測センターです。この施設では衛星からの情報をもとに、災害や地球環境の分析など、さまざまな研究が行われています。子どもたちは、アンテナの利用法や災害とのかかわりについて、衛星からのデータを基にした画像を見ながら、環境学部地球環境学科の菅先生とクイズ形式で楽しく勉強しました。

直径13メートル級のパラボラアンテナ。近くで見るとその大きさにびっくり!

直径13メートル級のパラボラアンテナ。近くで見るとその大きさにびっくり!

クイズ形式で楽しく授業を進めていく菅先生。

クイズ形式で楽しく授業を進めていく菅先生。

  • 第1問「地球観測衛星を英語では何といいますか?
    「地球は?」には「earth!」と答える子どもたちですが、「観測」や「衛星」には首をかしげます。答えは「Earth observation satellite」。地球観測衛星は、地上から約700キロの高さで、北極や南極の上を通りながら、地球をぐるぐると周回しています。
  • 第2問「今の地球上での問題点は何ですか?
    「温暖化」「環境問題」「災害」「震災」などさまざまな答えが上がりましたが、すべて正解です。地球観測ステーションでは、地球観測衛星から送られるデータを取得・解析し、カラー画像による東西3,000キロメートルほどの地図の制作や、中国から飛んでくる黄砂やPM2.5など大気の状態を地図上に表すこともができ、それらの問題の解決に貢献しています。
    続いて、衛星からのデータを基にした立体的な地図が披露されました。太田川周辺の三角州、五日市周辺の埋め立て地、広島工業大学のキャンパス。「木の一本一本、葉っぱの一枚一枚までどの位置にあるか捉えることができます」という菅先生の説明に、子どもたちはただただ驚いていました。
驚くほど精密な立体的な地図を見つめる子どもたち。

驚くほど精密な立体的な地図を見つめる子どもたち。

真剣に先生の話を書き留めていました。

真剣に先生の話を書き留めていました。

続いて、5年前に山口県の防府市で発生した土砂災害や東日本大震災、さらに今年の夏の広島市の大規模土砂災害などについて、地球観測衛星からの情報をもとに分析し、水の流れをシミュレーションした3D映像が映し出されました。

  • 第3問「山と山の間を流れる川が氾濫する可能性があったらどこに逃げますか?
    この質問に「水があふれない方に逃げる」と答える子どもたち。菅先生は、衛星からのデータを基に河川や山の形状から水の流れや水の貯まる場所を分析し、避難すべき場所が自ずと特定できることを伝えました。「災害は必ずやってきます。だから、普段からどこに逃げたらいいのか、どうしたら被害を小さくできるのか考えておくことが大切です」と菅先生。子どもたちも、衛星からのデータが災害対策にどう役立っているのかを、しっかり理解することができたようです。
「例えば、津波が押し寄せてきたらこのようになります」とシミュレーション画像を見せる菅先生。

「例えば、津波が押し寄せてきたらこのようになります」とシミュレーション画像を見せる菅先生。

地球を周回する人工衛星の数は、およそ1万個以上あると言われています。

地球を周回する人工衛星の数は、およそ1万個以上あると言われています。

先生の問いかけに、積極的に答える子どもたち。生き生きとした視線が、菅先生に注がれます。

先生の問いかけに、積極的に答える子どもたち。生き生きとした視線が、菅先生に注がれます。

なぎさ公園小学校4年生(楠木組27名、山桃組28名)のみなさん。

なぎさ公園小学校4年生(楠木組27名、山桃組28名)のみなさん。

最後に、子どもたちからの質問タイムが設けられました。「広島で災害が起こりそうなところはありますか?」との質問には「広島県には全国最多の約3万2,000カ所も急傾斜地があります。現在、ハザードマップを作るなど、正確な調査が進められています」と広島県の現状とその対策法について答えていただきました。

「みんな一生懸命話を聞いてくれて、たくさん勉強していることもわかりました。自分が勉強してきたことに自信を持って、これからもがんばってほしいですね」と菅先生。

「みんな一生懸命話を聞いてくれて、たくさん勉強していることもわかりました。自分が勉強してきたことに自信を持って、これからもがんばってほしいですね」と菅先生。

参加した鈴木帆香さん「災害が起こる前に、どこに逃げたらいいのか考えておくことが大事だと分かりました。映像で説明してもらって、分かりやすかったです」

参加した鈴木帆香さん「災害が起こる前に、どこに逃げたらいいのか考えておくことが大事だと分かりました。映像で説明してもらって、分かりやすかったです」

菅先生は「幼い頃に"興味の扉"を開くことが大切です。そこから"研究"の道に進むこともあるはずです」とまとめました。
児童一人ひとりが、自然や科学に興味を持つきっかけとなり、災害への知識が深まった一日となりました。

地球環境学科

菅ゼミ・研究室

関連情報