就職活動に弾みをつけた「東京就活フライト」 首都圏での刺激を自分の活動に生かして。

大手企業内定者が多い理由
一人ひとりが納得のいく就職をするため、広島工業大学ではさまざまな形で学生をサポートしています。費用のおよそ半分を大学が補助する「東京就職活動支援フライト(東京就活フライト)」や「大阪就職活動支援新幹線(大阪就活新幹線)」は、中でも人気のサポートプロジェクトです。東京就活フライトでは、東京で開催される大規模な合同企業セミナーへの参加や企業訪問、関東で活躍する卒業生と情報交換できる「卒業生との懇親会」への出席など、東京だからこそ経験できるプログラムを用意しています。そして、このプロジェクトに参加し視野を広げた学生の中には、日本を代表するような大手企業に就職した学生も少なくありません。
企業の採用広報活動解禁となった3月に合わせて、今年度は1日と2日に1泊2日で東京就活フライトを実施しました。2018年卒業予定の学生178名が東京へと向かい、多くの刺激を受けた学生は将来に向けて歩み始めました。東京で得られたものや感じたことを、今後の就職活動にどのように生かしていくのか、参加した学生3名に聞きました。

自分の軸の大切さに気が付いた懇親会

  • 坪田沙織さん(電気システム工学科)
    親が船舶関連の仕事をしていたことがきっかけで造船業に興味を持ち、冬休みに参加した造船会社のインターンシップでは、設計や製造の仕事を経験しました。そして、東京就活フライトで参加した合同企業セミナーでも、造船会社の説明会に参加しました。そこで目にしたのが、積極的に質問している他大学の学生。企業研究もかなり進めているようで、このままではいけないと感じました。
    卒業生との懇親会では、ある先輩から、面接で自分のやりたいことや熱意をアピールしたことが内定につながったというお話を伺い、自分の「軸」をしっかり持つことが大切だとわかりました。今は造船会社だけではなく、施工管理の仕事などにも視野を広げ、徹底的に企業研究をしています。自分の目指す道が見えてきたのも、東京就活フライトに参加して意識が変わったからだと思います。希望企業から内定をいただけるよう頑張ります。
卒業生との懇親会で熱心に話を聞く坪田さん(左)

卒業生との懇親会で熱心に話を聞く坪田さん(左)

「最初はありふれた志望動機しか書いておらず、就職部の方からも指導を受けました。東京就活フライトを経て自分の将来を真剣に考えるようになり、履歴書にも深みが出てきたと感じています」

「最初はありふれた志望動機しか書いておらず、就職部の方からも指導を受けました。東京就活フライトを経て自分の将来を真剣に考えるようになり、履歴書にも深みが出てきたと感じています」

すばらしい出会いを糧に内定を勝ち取りたい

  • 瀬戸広樹さん(知的情報システム学科)
    激戦といわれている東京の就職活動を自分の目でしっかり見てみたいという思いから、東京就活フライトに参加しました。現地で他大学の学生と話し、SPI問題集を何冊も解き終えたと聞き焦りを覚えましたが、その後の勉強への励みにもなりました。今は、オフィス機器メーカーIT企業などを志望しています。実は、1年生の時は、プログラミングの授業が苦手で困っていたのですが、大学の先生からプログラミングを理解しやすい本を紹介してもらったことが転機になり、プログラミングの成績は最高評価をもらうまでになりました。最後まであきらめることなく、今後の就活においても、企業の方との良い出会いの場にするんだという気持ちで臨み、しっかりと自分をアピールしたいですね。
卒業生との懇親会で、業界のことを熟知する先輩の話に耳を傾ける瀬戸さん。「学生とは違う社会人としての厳しさを教えていただきました」

卒業生との懇親会で、業界のことを熟知する先輩の話に耳を傾ける瀬戸さん(右)。「学生とは違う社会人としての厳しさを教えていただきました」

「先生から東京就活フライトに行く前に『就活頑張れ』とメールをいただきました。いい報告ができるように頑張りたいですね」

「先生から東京就活フライトに行く前に『就活頑張れ』とメールをいただきました。いい報告ができるように頑張りたいですね」

あこがれの卒業生の話を聞き、航空会社への思いが強くなる

  • 山本裕大さん(知能機械工学科)
    子どもの頃に初めて飛行機に乗った時の感覚が忘れられず、パイロットに興味を持ったことから航空会社を目指すようになりました。広工大に入学し、燃焼工学を学ぶゼミに入りエンジンについて学んでいます。卒業研究もエンジンにおける空気と燃費の関係について研究を進めており、さらに航空機の運航管理やプラン設定にも興味が広がっています。
    東京での合同企業セミナーでは、学生の多さに驚きました。私は希望する航空会社の講演会に参加し、終了後、人事の方に思い切って話しかけてみました。学生である自分のつたない話にも、じっくりと耳を傾けていただいたことがとても嬉しかったです。卒業生との懇親会では、日本航空株式会社に勤務されている卒業生の河井さんとお話する機会をいただき、実体験に基づいたアドバイスをしていただきました。また今回、河井さんのお話を伺ったことで、自分も航空会社で働きたいという思いが一層強くなりました。
懇親会で情報交換に臨む山本さん(真ん中)と卒業生の河井さん(右)。就職活動のこと、現在の仕事のことなど、リラックスした雰囲気だからこそ聞ける本音の話を聞くことができました。

懇親会で情報交換に臨む山本さん(真ん中)と卒業生の河井さん(右)。
就職活動のこと、現在の仕事のことなど、リラックスした雰囲気だからこそ聞ける本音の話を聞くことができました。

「河井さんのお話を伺って、徹底的に自分と向き合うことが重要だと教わりました。等身大の自分にもっと自信をもって、就職活動を進めていきたいです」

「河井さんのお話を伺って、徹底的に自分と向き合うことが重要だと教わりました。等身大の自分にもっと自信をもって、就職活動を進めていきたいです」

学生時代に東京就活フライトに参加し、現在東京で活躍されている河井さんに、後輩に向けたアドバイスなどを聞きました。

目指す夢があるなら動き続けることが大切

  • 河井優樹さん
    (2016年3月 知能機械工学科卒/日本航空株式会社勤務)
    当時参加した東京就活フライトの時の合同企業セミナーでは、もともと第一希望であった日本航空株式会社のブースへ行きました。人の多さに圧倒されましたが、そこで出会った首都圏の学生と話したことで、「負けてられない」と一層気合いが入ったことを、今でもよく覚えています。就活期間中は、週に3回以上就職部に通い、キャリアアドバイザーの先生との模擬面接を繰り返し行い、的確なアドバイスをいただきました。多くの人に支えていただきながら、しっかり事前準備を行ったことで、自分に自信を持つことができ、無事内定をいただくことができました。
    この経験から、後輩には、頻繁に就職部に通い、大学が用意してくれているさまざまな就職サポートを活用するようにアドバイスしています。目指す夢があるなら、不退転の決意で動き続けることが大切です。動くことで見えてくる境地があり、目標がより明確になると思います。

    懇親会であいさつする河井さん。東京就活フライトに参加した二年前の自分の姿を思い浮かべながら、後輩へアドバイスを送ります。

    懇親会であいさつする河井さん。
    東京就活フライトに参加した二年前の自分の姿を思い浮かべながら、後輩へアドバイスを送ります。

    河井さんの話を聞く学生らも、真剣そのもの。「なぜ自分がその会社を目指すのかを、突き詰めて考えてみてください」

    河井さんの話を聞く学生らも、真剣そのもの。「なぜ自分がその会社を目指すのかを、突き詰めて考えてみてください」

    夢の実現に向けて
    東京就活フライトで得られた情報や経験、さらに卒業生との交流によって、広工大の学生たちは、今後の就職活動を実りの多いものにできると確信した日となりました。広島工業大学はこれからも万全のサポートで、進路実現に向けて進む学生を応援していきます。

    東京就活フライトで、これからの就職活動への志気を高めた学生たち。「就職活動、頑張ります!」

    東京就活フライトで、これからの就職活動への志気を高めた学生たち。「就職活動、頑張ります!」

    就職活動支援

関連情報