大学と地域を「剣」で結ぶ 「第37回少年少女剣道大会」を開催しました。

地域と大学をつなぐ伝統行事
10月22日、広島工業大学鶴記念体育館において、第37回少年少女剣道大会を開催しました。これは、工大祭(11月5・6日開催)の一環で開催しているもので、大学周辺の道場で剣道を習う小学生を招待し、日ごろ培った技や精神力を存分に披露してもらう大会です。今年は、8団体11チーム、56名の小学生が参加し、稽古では広島工業大学剣道部の学生やOBとともに汗を流しました。

学長に代わり工学部長の宋先生があいさつ。「相手の気持ちを思いやる部分が、剣道の素晴らしいところです。精一杯気持ちをぶつけてください」

学長に代わり工学部長の宋先生があいさつ。「相手の気持ちを思いやる部分が、剣道の素晴らしいところです。精一杯気持ちをぶつけてください」

剣を通じて世代を越えてつながる
まず、広島工業大学剣道部の学生が剣道基本技稽古法を披露した後は、小学生、剣道部の学生・OBによる合同稽古が行われました。年は離れていても、竹刀を交わすことで理解し合える部分があります。この日も、大学生らが小学生の懸命な打ち込みを受けながら、世代を超えた交流を楽しんでいる姿がありました。

まず、剣道部部員が木刀による剣道基本技稽古法を実演しました。凛とした空気の中、高い集中力が要求されます。

まず、剣道部部員が木刀による剣道基本技稽古法を実演しました。凛とした空気の中、高い集中力が要求されます。

濃紺や純白の剣道着に身を包んだ姿は、一人前の剣士そのもの。まっすぐなまなざしで目の前の稽古を見つめていました。

濃紺や純白の剣道着に身を包んだ姿は、一人前の剣士そのもの。まっすぐなまなざしで目の前の稽古を見つめていました。

いよいよ、子どもたちの出番です。面ひもを力強く引き、気合いを込めます。

いよいよ、子どもたちの出番です。面ひもを力強く引き、気合いを込めます。

ここまでが静の時間ならば、ここからは動の時間です。自分よりもずっと大きい相手にも、勇気をもって大きな声を出しながら果敢に打ち込んでいきます。

ここまでが静の時間ならば、ここからは動の時間です。自分よりもずっと大きい相手にも、勇気をもって大きな声を出しながら果敢に打ち込んでいきます。

小学生剣士が熱戦を展開
午後からは3つのグループに分かれて試合が行われました。試合形式は5名による団体戦。リーグ戦の結果、上位2チームが決勝トーナメントに進出します。試合では、闘志を前面に出しながら相手に向かっていきます。ただ、忘れていけないのは、剣道は「礼に始まり礼に終わる」という点です。試合会場への入退場時、整列時、試合終了後などにきちんと礼を行い、相手を敬う気持ちを表現することが大切です。

大人に負けない素早さで面を打ち込みます。一本!

大人に負けない素早さで面を打ち込みます。
一本!

審判は広島工業大学剣道部の学生が務めました。

審判は広島工業大学剣道部の学生が務めました。

廿日市市の剣志会Aの皆さん。「剣道をすることで、元気で大きな声が出るようになりました。1本をとると気持ちいいです」

廿日市市の剣志会Aの皆さん。「剣道をすることで、元気で大きな声が出るようになりました。1本をとると気持ちいいです」

剣道の素晴らしさを次の世代に引き継ぐ
広島工業大学剣道部部長の西岡君と、大会実行委員長の下口君に話を聞きました。

西岡宏一君(工学部建築工学科・3年)
「剣道は、年齢に関係なく楽しむことができるスポーツです。そして、体だけでなく心も鍛錬することで、礼儀を身につけることができます。今日は地域の子供たちと剣を交えることができてとてもよかったです」

下口陸君(環境学部地球環境学科・2年)
「OBの方が築いてこられた伝統を引き継ぎ、これからも世代を越えたつながりを大切にしていきたいです。運営側として、今日は大会を無事迎えることができてほっとしています」

西岡君(左)と下口君(右)「大会の運営を経験したことは、今後社会に出てからもきっと役に立つと思います」

西岡君(左)と下口君(右)「大会の運営を経験したことは、今後社会に出てからもきっと役に立つと思います」

広島工業大学剣道部OBで、現在、剣道部の監督を務められている砂田真宏さん。「日頃の稽古の中で見えてくるものが必ずあります。それは、社会に出てから何かを決断する際に役に立つはずです」

広島工業大学剣道部OBで、現在、剣道部の監督を務められている砂田真宏さん。「日頃の稽古の中で見えてくるものが必ずあります。それは、社会に出てから何かを決断する際に役に立つはずです」

大会は「心成館もみじ道場A」チームの優勝で幕を閉じましたが、負けてしまったチームも、正々堂々と全力で戦った経験が、必ず今後に生きてくるはずです。
小学生の皆さん、そして関係者の皆さま、ご参加いただきありがとうございました。

体育会本部

剣道部

関連情報