保護者と教員が情報を共有する場  2016年度「教育懇談会」を開催しました。

保護者と教員の情報交換の場
広島工業大学では、毎年秋に「教育懇談会」を開催しています。教育懇談会は、保護者の皆さまへ大学の教育方針や就職状況などの説明を行うとともに、ご子女の学修状況や学生生活、就職・進学などについて、保護者の皆さまと教員が個人懇談形式でお話する機会です。また、昼食会を設けることで、同じ学科に在籍している保護者の方々の交流の場としても好評をいただいております。今年も、本学会場と学外会場合わせて656組の方々にご参加いただき、有意義な情報交換を行うことができました。
10月15日に実施しました本学会場の模様を紹介します。

キャンパスの雰囲気も感じていただける本学会場には、県外からも多くの保護者の皆さまに足を運んでいただきました。

キャンパスの雰囲気も感じていただける本学会場には、県外からも多くの保護者の皆さまに足を運んでいただきました。

「ご子女の大学での4年間を充実させるために、お互いの理解を深めていきたいと思います」と、鶴学長のあいさつでスタート。

「ご子女の大学での4年間を充実させるために、お互いの理解を深めていきたいと思います」と、鶴学長のあいさつでスタート。

本学の近況を説明する全体説明会
はじめに、デネブホールで全体説明会が行われました。まずは学務部長の川原先生が、一人ひとりの可能性を引き出すHIT教育の特徴、修学支援の紹介や、学生生活を充実させるためのプログラムの紹介など、教育・学生支援の現状を説明しました。続いて、就職部長の福田先生が、学生を取り巻く就職環境と、本学の就職状況や就職支援体制などを紹介しました。

「学生たちは、学生自主企画プログラム"HITチャレンジ制度"やクラブ・サークル活動といった人間力を高めるさまざまな活動にチャレンジしています」と川原学務部長。

「学生たちは、学生自主企画プログラム"HITチャレンジ制度"やクラブ・サークル活動といった人間力を高めるさまざまな活動にチャレンジしています」と川原学務部長。

「1年生のときから、クラブ・サークル活動、ボランティアや留学など、企業にアピールできる経験を重ね、有意義な大学生活を過ごすことのできるように、ぜひご子女へ助言をお願いします」と福田就職部長。

「1年生のときから、クラブ・サークル活動、ボランティアや留学など、企業にアピールできる経験を重ね、有意義な大学生活を過ごすことのできるように、ぜひご子女へ助言をお願いします」と福田就職部長。

交流の輪が広がった昼食会
全体説明会のあとは、学科ごとに保護者の皆さま方と教員がともにテーブルを囲む昼食会の時間です。和やかな雰囲気の中で、保護者の皆さま方と教員だけでなく、保護者の皆さま同士の懇親を深めていただく場にもなりました。

講義棟「三宅の森Nexus21」2階のレストラン「リーフガーデン」の様子。昼食を食べながら、和やかな懇談の時間となりました。

講義棟「三宅の森Nexus21」2階のレストラン「リーフガーデン」の様子。昼食を食べながら、和やかな懇談の時間となりました。

10階のスカイテリアの様子。充実した大学の施設も見学いただきました。

10階のスカイテリアの様子。充実した大学の施設も見学いただきました。

「学校行事のことや、これから学ぶ専門分野の学修内容について、先生とお話することができました。子どもが通っている大学を知るいい機会ですね」と松本凌伍君(工学部知能機械工学科・1年)のお父さま。

「学校行事のことや、これから学ぶ専門分野の学修内容について、先生とお話することができました。子どもが通っている大学を知るいい機会ですね」と松本凌伍君(工学部知能機械工学科・1年)のお父さま。

「リラックスした雰囲気の中、先生と会話が弾みました。個人懇談では、就職のことや学修状況について聞きたいと思っています」と峠亮多君(生命学部食品生命科学科・ 2年)のご両親。峠君のお兄さんは、知能機械工学科の4年生で、昨年も教育懇談会にご出席いただいたそうです。

「リラックスした雰囲気の中、先生と会話が弾みました。個人懇談では、就職のことや学修状況について聞きたいと思っています」と峠亮多君(生命学部食品生命科学科・ 2年)のご両親。峠君のお兄さんは、知能機械工学科の4年生で、昨年も教育懇談会にご出席いただいたそうです。

特色が分かる学科別説明会&何でも話せる個人懇談
午後からは、学科ごとに学務や就職に関する説明を行う学科別説明会と、1対1でじっくり話すことのできる個人懇談が行われました。

工学部環境土木工学科の学科説明会の様子。どのようなメンバーでご子女の教育にあたっているかを知っていただくために、教員一人ひとりが自己紹介を行いました。

工学部環境土木工学科の学科説明会の様子。どのようなメンバーでご子女の教育にあたっているかを知っていただくために、教員一人ひとりが自己紹介を行いました。

卒業までの計画的な単位修得など学務に関することや、建設業界の特色や就職実績といった学科独自の就職に関する詳しい説明がありました。

卒業までの計画的な単位修得など学務に関することや、建設業界の特色や就職実績といった学科独自の就職に関する詳しい説明がありました。

個人懇談では、成績や学生生活、就職など、何でも教員と話し合うことができます。岸田先生と懇談した西村壮人君(工学部建築工学科・1年)のお母さまは「先生に温かく見守られていることがよく分かり、安心しました」と感想を聞かせてくださいました。

個人懇談では、成績や学生生活、就職など、何でも教員と話し合うことができます。岸田先生と懇談した西村壮人君(工学部建築工学科・1年)のお母さまは「先生に温かく見守られていることがよく分かり、安心しました」と感想を聞かせてくださいました。

就職部には就職情報コーナーを設け、求人情報や進路状況を公開するとともに、就職活動に関するあらゆる疑問・質問に職員がお答えしました。懇談を終えた保護者の皆さまが多数来訪され、就職への関心の高さが伺えました。

就職部には就職情報コーナーを設け、求人情報や進路状況を公開するとともに、就職活動に関するあらゆる疑問・質問に職員がお答えしました。懇談を終えた保護者の皆さまが多数来訪され、就職への関心の高さが伺えました。

保護者と大学をつなぐ懸け橋として
お忙しい中、たくさんの保護者の皆さまにご参加いただき、誠にありがとうございました。
参加いただいた保護者の皆さまからは「家庭では学校行事やサークル活動の話はするが、勉強のことはあまり話さない。この懇談会は、保護者が学修状況や就職について知ることができるとてもいい機会である」という声を多数いただきました。
インタビューにご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

教育懇談会

関連情報