ものづくりにはみんなの未来が詰まっています 「第12回ワクワクものづくり大作戦」を開催しました。

ものづくりの楽しさがいっぱい詰まった13の講座
夏休みも終わりに近づいた8月27日。ものづくりで「ワクワク」したい子どもたち約260名が、広島工業大学のキャンパスに集まりました。この日は、毎年恒例の「ワクワクものづくり大作戦」の開催日です。12回目となる今年も、13の講座にたくさんのご応募をいただきました。

開会式が行われたデネブホールには、講座開始を待ちきれない子どもたちと保護者の方々が集まりました。

開会式が行われたデネブホールには、講座開始を待ちきれない子どもたちと保護者の方々が集まりました。

「日頃の生活の中で、"なぜ" "どうして"と思っていることを、今日は大学生のお兄さんやお姉さんに聞いてみてください。新しい発見があるはずです」と鶴学長が子どもたちに向けてあいさつ。

「日頃の生活の中で、"なぜ" "どうして"と思っていることを、今日は大学生のお兄さんやお姉さんに聞いてみてください。新しい発見があるはずです」と鶴学長が子どもたちに向けてあいさつ。

どんな「ものづくり」が行われたのか、さっそくのぞいてみましょう!

ラジオをつくってカープを応援しよう!
小さな電子装置を組み立ててラジオをつくりました。絶好調のカープの応援ができたかな。

安全のためにゴーグルを着用して、はんだ付けに挑戦。やけどしないように気をつけてね。

安全のためにゴーグルを着用して、はんだ付けに挑戦。やけどしないように気をつけてね。

完成したラジオを持って、バルコニーで電波をキャッチ。「自分でラジオをつくれるとは思ってなかったので、完成してとってもうれしいです」

完成したラジオを持って、バルコニーで電波をキャッチ。「自分でラジオをつくれるとは思ってなかったので、完成してとってもうれしいです」

エレキギターをつくって弾いてみよう!
木のボディと一本の弦でエレキギターをつくる講座もあります。エレキギターの音が鳴る原理も、学ぶことができました。

製作過程で試し弾き。「ギュイーン」とまるで本物の音色が響きました。

製作過程で試し弾き。「ギュイーン」とまるで本物の音色が響きました。

ボディを付けて完成。かっこいいオンリーワンのギターができました。

ボディを付けて完成。かっこいいオンリーワンのギターができました。

おすもうさんメカで対戦しよう!
手回し発電の電気の力で張り手を繰り出す「おすもうさんメカ」をつくって対戦しました。

まずはギアづくりからスタート。細かい作業だけに、集中力が試されます。

まずはギアづくりからスタート。細かい作業だけに、集中力が試されます。

完成したおすもうさんメカで、大学生のお兄さんと勝負。負けないぞ!

完成したおすもうさんメカで、大学生のお兄さんと勝負。負けないぞ!

かっこいいプロペラカーをつくろう!
ゴムの動力でプロペラを回して走る色とりどりの「プロペラカー」が誕生しました。より美しく、より遠くまで走る車を、お父さんお母さんと協力してつくることができました。

牛乳パックに紙をぺたぺた。大学生のお兄さんも、どんな車ができるのか、気になっている様子。

牛乳パックに紙をぺたぺた。大学生のお兄さんも、どんな車ができるのか、気になっている様子。

個性的なデザインのプロペラカーが大集合。最後に走行会を開催しました。どこまで走るかな?

個性的なデザインのプロペラカーが大集合。最後に走行会を開催しました。どこまで走るかな?

瀬戸内海に橋をかけてみよう!
材料を組み合わせて、本物そっくりの橋をつくっていきます。設計図通りの美しい橋をつくろうと、子どもたちも保護者の方々も真剣にチャレンジ!

設計図と見比べながら、橋の部材を接着していきます。かっこいい橋ができるかな?

設計図と見比べながら、橋の部材を接着していきます。かっこいい橋ができるかな?

個性的なデザインの橋、現実にありそうな橋など、さまざまな橋が勢ぞろいしました。

個性的なデザインの橋、現実にありそうな橋など、さまざまな橋が勢ぞろいしました。

木製ミニテーブルをつくろう!
くぎも接着剤も使わずに、木を切って組み合わせ、自分だけのミニテーブルをつくりました。

上からくさびを打ち込み、脚を固定します。大学生のお兄さんが手伝ってくれるので安心です。

上からくさびを打ち込み、脚を固定します。大学生のお兄さんが手伝ってくれるので安心です。

組み立てが済んだら、テーブルを外に持っていき、やすりがけを行いました。滑らかで使いやすいテーブルに仕上げることができました。

組み立てが済んだら、テーブルを外に持っていき、やすりがけを行いました。滑らかで使いやすいテーブルに仕上げることができました。

万華鏡をつくって魔法の世界をのぞいてみよう!
光の反射のことを勉強した後で、キラキラ輝く万華鏡をつくりました。外側に絵を描いて、自分だけの万華鏡を完成させました。

まずは、紙を丸く切り抜いていきます。お母さんと一緒にチャレンジ!

まずは、紙を丸く切り抜いていきます。お母さんと一緒にチャレンジ!

くるくる回すと、筒の中に虹のような美しい色が広がります。

くるくる回すと、筒の中に虹のような美しい色が広がります。

ロボットカーをつくろう!
ボディやタイヤなどのパーツを自由に組み合わせてつくるロボットカー。思い通りに動くかっこいいロボットカーを、みんな上手に走らせていました。

ロボットカーづくりは高学年向けの講座だけあって、複雑な工程もありますが、みんな楽しそうに組み立てていました。

ロボットカーづくりは高学年向けの講座だけあって、複雑な工程もありますが、みんな楽しそうに組み立てていました。

コントローラーで障害物を避けながら、前進。スピードが勝負です。

コントローラーで障害物を避けながら、前進。スピードが勝負です。

オリジナルの木箱をつくろう!
のこぎりや金づちを使って、木箱をつくりました。糸のこは、ほとんどの子どもたちが初体験。ケガに注意しながら作業を進めていました。

作業を行っている場所は、建築デザイン学科の開設に伴い新たに設置した木工房です。

作業を行っている場所は、建築デザイン学科の開設に伴い新たに設置した木工房です。

お母さんと協力して、美しい木箱をつくることができました。「何を入れようかな」

お母さんと協力して、美しい木箱をつくることができました。「何を入れようかな」

人工衛星から3D地図をつくろう!
人工衛星画像を利用した地図を、標高ごとに切って重ね、凸凹のある地形図のできあがり。自分の家や通っている小学校はどこにあるかな?

広島市周辺の地図を等高線に沿って丁寧に切り抜いていきます。カッターを使うので、ケガをしないように注意して作業を進めます。

広島市周辺の地図を等高線に沿って丁寧に切り抜いていきます。カッターを使うので、ケガをしないように注意して作業を進めます。

山と海と街が立体的にわかる素敵な地図が完成しました。お父さんもお子さんも、誇らしげな様子。

山と海と街が立体的にわかる素敵な地図が完成しました。お父さんもお子さんも、誇らしげな様子。

聴診器をつくっていろいろな音を聴いてみよう!
聴診器をつくっていろいろなものの音を聴いてみました。 手術着を着て、医療設備を体験!気分はお医者さんです。

「ドックン、ドックン」自分でつくった聴診器で、お兄さんの心臓の音を聞きました。

「ドックン、ドックン」自分でつくった聴診器で、お兄さんの心臓の音を聞きました。

模擬手術室では、手術着を着て電気メスを体験。医療機器の使い方は、臨床工学技士を目指す生体医工学科のお兄さん、お姉さんに教えてもらいました。

模擬手術室では、手術着を着て電気メスを体験。医療機器の使い方は、臨床工学技士を目指す生体医工学科のお兄さん、お姉さんに教えてもらいました。

不思議な液体でキラキラアクセサリーをつくろう!
不思議な液体を使って、ブローチや髪留めなどキラキラ輝くアクセサリーができました。

「どれを使おうかな」アクセサリーに使うラメやシールを真剣に選んでいきます。

「どれを使おうかな」
アクセサリーに使うラメやシールを真剣に選んでいきます。

不思議な液体の正体はレジン。紫外線を当てると固まります。「かわいい髪留めができたよ!」

不思議な液体の正体はレジン。紫外線を当てると固まります。「かわいい髪留めができたよ!」

ミニ掃除ロボットをつくろう!
細かいゴミもさっときれい掃除できるロボットをつくりました。 細かい作業も最後まで根気強く取り組み、生活に役立つロボットをつくることができました。

「この板が回って、ゴミを吸い込むんだよ」お掃除ロボの仕組みを教えてくれました。

「この板が回って、ゴミを吸い込むんだよ」お掃除ロボの仕組みを教えてくれました。

完成したら、ゴミが落ちているステージでお掃除開始。板の大きさを調整すると、ゴミを上手に回収することができます。

完成したら、ゴミが落ちているステージでお掃除開始。板の大きさを調整すると、ゴミを上手に回収することができます。

参加した子どもたちの表情を見ると、工夫しながら何かを創造する楽しさを十分に感じてもらえたようです。保護者の皆さまも、ありがとうございました。 来年もぜひ来てくださいね!

ワクワクものづくり大作戦

関連情報