留学はグローバルに活躍できる人材への第一歩 2016年度海外留学生壮行会を開催しました。

海外で伸ばす自らのチカラ
海外留学は、語学力やコミュニケーション力が身に付くだけではなく、異文化への理解を深め、自らの視野を広げる絶好のチャンスです。広島工業大学では、アメリカ、中国、カナダの大学と協定を結んでおり、毎年多くの学生が世界に羽ばたき、大きな自信をつけて帰国しています。
7月25日、今年度の海外留学生を激励する壮行会を開催しました。今年度は、4名の学生が派遣留学プログラム(※)を利用し、9月にカナダのトリニティ・ウエスタン大学へ飛び立ちます。
※トリニティ・ウエスタン大学派遣留学プログラムに採用された学生は、留学費用が一部免除(10万円程度)されます。

【2016年度派遣留学生】
浦辻 知輝君(工学部建築工学科・3年)
坪井 幹士君(情報学部知的情報システム学科・2年)
宇山 優理さん(生命学部食品生命科学科・2年)
新里 晴香さん(生命学部食品生命科学科・2年)

TOEICの勉強を重ねてきた浦辻君。「シカゴカブスに所属する川崎宗則選手のように、自分から積極的に海外の人とコミュニケーションを図っていきたいです」

TOEICの勉強を重ねてきた浦辻君。「シカゴカブスに所属する川崎宗則選手のように、自分から積極的に海外の人とコミュニケーションを図っていきたいです」

「派遣留学生に選ばれたことに感謝し、広島工業大学の代表として頑張りたいです」と坪井君。

「派遣留学生に選ばれたことに感謝し、広島工業大学の代表として頑張りたいです」と坪井君。

海外留学への思いを語る
壮行会では、留学に向けての抱負が語られました。

  • 浦辻君「今回の留学には3つの目的があります。多様な文化を知ること、日本語が通じない環境で積極的にコミュニケーションを図ること、そして英語のアウトプット能力を向上させることです。派遣留学生に選ばれたことに感謝しつつ、留学を有意義なものにしていきたいと考えています」

    • 坪井君「高校の修学旅行でハワイに行った際に、英会話ができず悔しい思いをしたこと、その後、海外の生活や文化に興味を持ったことが今回の留学を志した理由です。現地で学んだことを今後の大学生活に活かせるように、さまざまな経験をしたいです

      • 宇山さん「E.S.Sに所属し、昨年広工大で開催された第3回デネブ杯争奪インビテーショナルスピーチコンテストに参加しましたが、上手にスピーチを披露することができませんでした。その時の悔しい思いが、留学を決意する力になりました。今回の留学を通じて、自分の英語力を大きく向上させたいです」

        • 新里さん「飲食店で接客のアルバイトをしているのですが、海外のお客さまからの質問にうまく答えられず、もどかしい思いをしています。カナダでは英語漬けの日々を過ごし、日常会話を英語でスムーズに行えるようになりたいです
        写真は、昨年、宇山さんが出場したスピーチコンテストの様子。「2週間という短い期間ですが、内容の濃い留学にしたいです」と抱負を語ってくれました。

        写真は、昨年、宇山さんが出場したスピーチコンテストの様子。
        「2週間という短い期間ですが、内容の濃い留学にしたいです」と抱負を語ってくれました。

        留学への思いを語る新里さん。「海外の人と積極的にコミュニケーションを取り、留学でしかできない経験を積み重ねてきたいと思います」

        留学への思いを語る新里さん。「海外の人と積極的にコミュニケーションを取り、留学でしかできない経験を積み重ねてきたいと思います」

        鶴学長から「留学期間はあっという間に過ぎてしまいます。一日一日を大切に過ごしてください」と激励の言葉をいただきました。

        鶴学長から「留学期間はあっという間に過ぎてしまいます。一日一日を大切に過ごしてください」と激励の言葉をいただきました。

        教職員とともに歓談の時間が設けられました。先生方の留学経験から最新の海外事情まで、幅広いお話を聞くことができました。

        教職員とともに歓談の時間が設けられました。先生方の留学経験から最新の海外事情まで、幅広いお話を聞くことができました。

        最後に国際交流センター長の王先生があいさつ。「海外では、本学の代表としての自覚を持って行動してください。帰国後、皆さんに元気で会える日を楽しみにしています」

        最後に国際交流センター長の王先生があいさつ。「海外では、本学の代表としての自覚を持って行動してください。帰国後、皆さんに元気で会える日を楽しみにしています」

        4名の留学への思い
        あらためて、留学する4名に話を聞きました。

        • 浦辻君「英語が好きだったので、大学入学時から留学を志していました。TOEICの勉強を重ね、今年から英会話の習得にも力を入れて準備を進める中で、少しずつですが英語でコミュニケーションが図れるようになってきました。広島から海外へ飛び立つということで、平和についての思いもしっかりアピールできたらと考えています」

        • 坪井君「海外の映画やドラマの中で描かれる食事や生活などの文化の違いに、ずっと興味を持っていました。現地ではホームステイをする予定ですが、文化の違いを直接味わえるので、とても楽しみです。ハンバーガーやタコスなど、カナダのファストフードにもチャレンジしてみたいですね」

        • 宇山さん「英語を話すことに苦手意識があるので、英語を話さざるを得ない環境に身を置き、苦手意識を払拭したいです。秋には再度スピーチコンテストに参加し、昨年のリベンジを果たしたいですね。また、勉強以外では、カナダの大自然も満喫したいです」

        • 新里さん「海外で英語を学んで、自分のボキャブラリーの少なさを改善したいですね。そもそも海外に行くこと自体が初めて。すべてが新鮮だと思うのですが、大学で食品の勉強をしている私にとって、一番楽しみなのは食事です。カナダではどんなものが食べられるのかワクワクしています」
        宇山さん(左)「カナダはもちろん、世界中の留学生と交流したいです」新里さん(右)「部活で長刀をしていたので、日本の武道を海外の方に紹介したいです」

        宇山さん(左)「カナダはもちろん、世界中の留学生と交流したいです」
        新里さん(右)「部活で長刀をしていたので、日本の武道を海外の方に紹介したいです」

        坪井君(左)「現地のテレビ番組をいろいろ見てみたいです」浦辻君(右)「スポーツが好きなので、カナダならではのスポーツを現地で観戦してみたいです」

        坪井君(左)「現地のテレビ番組をいろいろ見てみたいです」
        浦辻君(右)「スポーツが好きなので、カナダならではのスポーツを現地で観戦してみたいです」

        鶴学長を囲んで参加者全員で記念撮影。

        鶴学長を囲んで参加者全員で記念撮影。

        大きな期待を胸に
        4名の学生に、期待と不安のどちらが大きいか尋ねたところ、全員が期待でいっぱいだと答えてくれました。そのポジティブな思いは、きっと留学を実り多いものにしてくれるはずです。カナダの地で4名がどのように成長して帰ってくるのか、楽しみに待ちたいと思います。

        留学・国際交流

        海外留学

関連情報