広島工業大学で夢をカタチに 第1回オープンキャンパスを開催しました!(その2)

多彩な学科の学びを公開
7月17日、今年度1回目のオープンキャンパスを開催しました。先日ご紹介した、大学全体を知っていただくためのイベントやプログラムに続き、全12学科が、学びの内容を「体感」してもらうために準備しているプログラムをご紹介いたします。

  • 電子情報工学科
    パソコンや携帯電話、タブレットなどの最先端システムに用いられているエレクトロニクス(電子技術)と情報技術を学ぶことができる電子情報工学科。コンピュータでラジコンを自動操縦したり、空中に書いた文字を画像処理で認識する仕組みを解説するなど、体験から学科の研究内容を学ぶことのできるプログラムが人気を集めていました。
  • 電気システム工学科
    エネルギー、コンピュータ、通信のスペシャリストを育成する電気システム工学科では、再生可能エネルギーやスマートグリッドに関する展示や体験など、最近話題のエネルギー分野について詳しく知ることができます。なかでも、太陽電池で動く電子オルゴールづくりや電気自動車の展示と技術解説が注目を集めていました。
「右手」「バンザイ」「パンチ」など、音声認識する小型ロボットRAPIRO(※)を、声で動かすことに挑戦。センサーを利用して、音や温度などを計測・判別する「センシング技術」が生かされています。(電子情報工学科)※教材用のロボット。プログラミングは学生が行なっています。

「右手」「バンザイ」「パンチ」など、音声認識する小型ロボットRAPIRO(※)を、声で動かすことに挑戦。センサーを利用して、音や温度などを計測・判別する「センシング技術」が生かされています。(電子情報工学科)
※教材用のロボット。プログラミングは学生が行なっています。

広島工業大学にあるスマートフォンやアンテナの性能を調べる電波暗室。たくさんのギザギザで囲まれた不思議な空間を模型で再現し、電波の吸収を実感。(電気システム工学科)

広島工業大学にあるスマートフォンやアンテナの性能を調べる電波暗室。たくさんのギザギザで囲まれた不思議な空間を模型で再現し、電波の吸収を実感。実際の電波暗室についてはコチラをご覧ください。(電気システム工学科)

  • 機械システム工学科
    航空宇宙、自動車、医療機器、ロボットなどあらゆる分野に直結する高機能なものづくりを学ぶ機械システム工学科。実際に、3Dプリンタを使ったり、ウォータージェット加工の見学を行うことで、特殊な機械を使って部品を製作・加工する面白さを感じることができます。
  • 知能機械工学科
    自動車工学、ロボティクスをはじめ、ものづくりに不可欠な生産技術を通して、次代の新しいメカニズムを探索し創造する知能機械工学科。ハイスピードカメラやドローンなどの最新機器やロボット操作体験などを通じて、人が介在することなくコンピュータが状況や変化を判断し、機器を動かす知能化技術の一端を知ることができます。
3Dプリンタでイニシャルプレートを製作します。デザインを決めたら、専用ソフトで設計します。製作を通じて最新のものづくりを体験できます。(機械システム工学科)

3Dプリンタでイニシャルプレートを製作します。デザインを決めたら、専用ソフトで設計します。製作を通じて最新のものづくりを体験できます。(機械システム工学科)

高度に知能化され、操縦者をアシストする船や飛行機の制御について、フライトシミュレータを使ってわかりやすく学ぶことができます。(知能機械工学科)

高度に知能化され、操縦者をアシストする船や飛行機の制御について、フライトシミュレータを使ってわかりやすく学ぶことができます。(知能機械工学科)

  • 環境土木工学科
    4月に誕生した環境土木工学科では、「社会基盤施設」の計画・建設・維持管理を学び、社会の土台をつくり、環境にも配慮できるエンジニアを育てます。模型を用いて液状化現象を発生させたり、コンクリートや鉄の流れをシミュレートすることで、自然災害や建設材料について詳しく知ることができます。また、大学生といっしょに実験を行いながら理解することができます。
  • 建築工学科
    住宅から超高層ビルまで、企画、設計、建築といった建物づくりのすべての段階に携わる建築技術者を育てる建築工学科。学科の学びの内容や建築士などの資格取得、就職状況について、先輩がわかりやすく解説していました。
ペットボトルを使って液状化現象を再現する実験に参加。技術がどのようなときに必要とされるかを理解できる実験や展示が揃っています。(環境土木工学科)

ペットボトルを使って液状化現象を再現する実験に参加。技術がどのようなときに必要とされるかを理解できる実験や展示が揃っています。(環境土木工学科)

先輩の説明に聞き入る高校生。「設計ってどうやってやるの?」「模型づくりのコツは?」といった質問に、大学生は体験談や、建築分野のトレンドなどの情報を交えながら説明していました。(建築工学科)

先輩の説明に聞き入る高校生。「設計ってどうやってやるの?」「模型づくりのコツは?」といった質問に、大学生は体験談や、建築分野のトレンドなどの情報を交えながら説明していました。(建築工学科)

  • 情報工学科
    コンピュータ、ネットワーク、マルチメディアを中心に、これからの時代を支える新しい情報技術者を育てている情報工学科。現代の暮らしには欠かすことのできない情報技術が、エネルギー、家電、音響など、多くのシーンで生かされていることをわかりやすく紹介していました。
  • 知的情報システム学科
    情報処理、情報システム技術、経営情報学という3つの専門を柱に、ヒトと社会を結ぶ情報システムを学ぶ知的情報システム学科。CG画像・CGシミュレーションの生成、脳の反応を調べ人の購買決定プロセスを明らかにするニューロマーケティングなど、学科の特色がよく表れた展示が注目を集めていました。
情報工学科と知的情報システム学科が合同で設置した「情報学部サロン」。まずは、ここで各学科の違いをしっかりと理解します。

情報工学科と知的情報システム学科が合同で設置した「情報学部サロン」。まずは、ここで各学科の違いをしっかりと理解します。

ストリートビューの画面の中を疑似的に旅することができるヴァーチャルトラベリング。センシング技術で身体の動きを検知し、それが画面に反映されることで、まるで本当に散歩をしているような気分になれます。(情報工学科)

ストリートビューの画面の中を疑似的に旅することができるヴァーチャルトラベリング。センシング技術で身体の動きを検知し、それが画面に反映されることで、まるで本当に散歩をしているような気分になれます。(情報工学科)

遠く離れた人同士でも、スマートフォンのアプリを用いて身近に感じながらコミュニケーションできる「遠隔存在感対話技術」について、プロジェクションマッピングなどを使って説明。ひとり暮らしをする高齢者と、遠方で暮らす家族がコミュニケーションを取るうえで不可欠な技術です。(知的情報システム学科)

遠く離れた人同士でも、スマートフォンのアプリを用いて身近に感じながらコミュニケーションできる「遠隔存在感対話技術」について、プロジェクションマッピングなどを使って説明。ひとり暮らしをする高齢者と、遠方で暮らす家族がコミュニケーションを取るうえで不可欠な技術です。(知的情報システム学科)

先輩大学生が対応する情報系に興味のある参加者専用の相談コーナーは、高校生目線の対応が人気を集めていました。女子学生専用のコーナーもあります。

先輩大学生が対応する情報系に興味のある参加者専用の相談コーナーは、高校生目線の対応が人気を集めていました。女子学生専用のコーナーもあります。

  • 建築デザイン学科
    今年4月に誕生した建築デザイン学科では、「建築」「インテリア・木工」「デジタルデザイン」を学ぶことができます。ガラス張りで解放感あふれる研究室や工作室を巡りながら、1年生が授業で製作した木の椅子の座り心地を試してみたり、3Dプリンタなど最新鋭の加工機を使って作られた建築作品を見たり、実際の加工の様子を見学したりすることができます。
  • 地球環境学科
    人工衛星データ解析、気象・災害の研究、生態系の保全など、地球環境に関わるテーマを幅広く学ぶことができる地球環境学科。身の回りの環境を高度な観測・分析技術で解き明かす手法を、実物も交えた展示で説明していました。
1年生が製作した木の椅子が多数展示してあり、来場者は気に入った作品に投票することができます。こちらのチームは、「広工大」の文字をそのままベンチにした、遊び心いっぱいの作品を作りました。(建築デザイン学科)

1年生が製作した木の椅子が多数展示してあり、来場者は気に入った作品に投票することができます。こちらのチームは、「広工大」の文字をそのままベンチにした、遊び心いっぱいの作品を作りました。(建築デザイン学科)

瀬戸内海沿岸に生育する本物の海浜植物を展示し、フィールド調査の方法などについて解説。天然記念物のカブトガニの標本も展示しています。(地球環境学科)

瀬戸内海沿岸に生育する本物の海浜植物を展示し、フィールド調査の方法などについて解説。天然記念物のカブトガニの標本も展示しています。(地球環境学科)

  • 生体医工学科
    工学と医学、両方の専門知識を身に付け、医療機器を安全に操作する臨床工学技士を養成する生体医工学科。臨床工学技士の仕事や学科の学びについて、臨床工学技士が医療現場で操作する人工心肺装置や人工呼吸器などの設備を使いながら理解することができます。
  • 食品生命科学科
    生命科学を基本に、バイオテクノロジーをはじめさまざまな先端技術や知識を生かして、生物の持つ機能の活用や食品製造について学ぶ食品生命科学科。先輩大学生が製作したパンを食べながら、本格的な食品製造設備やパンづくりに欠かせない酵母について学ぶことができます。
ケーシー服に身を包んだ先輩が、臨床工学技士の仕事の一つである人工透析の原理を説明。実際に透析器を組み立て、医療機器を工学的な視点から見ることで、その仕組みを理解することもできます。(生体医工学科)

ケーシー服に身を包んだ先輩が、臨床工学技士の仕事の一つである人工透析の原理を説明。実際に透析器を組み立て、医療機器を工学的な視点から見ることで、その仕組みを理解することもできます。(生体医工学科)

食品実験棟では、業務用オーブンを使用して発酵食品の一つである「パン」を学生が実演製作。酵母の働きや食品製造設備について理解を深めることができます。(食品生命科学科)

食品実験棟では、業務用オーブンを使用して発酵食品の一つである「パン」を学生が実演製作。酵母の働きや食品製造設備について理解を深めることができます。(食品生命科学科)

オープンキャンパスにお越しいただいた、高校生の皆さんに感想を聞きました。

知能機械工学科を見学していた岩田君。「機械系の学科に興味があり見学しましたが、実験施設や金属加工のための設備などが充実していて素晴らしいなと感じました」

知能機械工学科を見学していた岩田君。「機械系の学科に興味があり見学しましたが、実験施設や金属加工のための設備などが充実していて素晴らしいなと感じました」

生体医工学科を訪れていた吉田さん(左)、木村さん(中)、川又さん(右)。「まるで病院のような設備に驚きました。先輩もやさしくて、学科のことや臨床工学技士の仕事など、どんな疑問にもわかりやすく答えてくれるのでとても参考になりました」

生体医工学科を訪れていた吉田さん(左)、木村さん(中)、川又さん(右)。「まるで病院のような設備に驚きました。先輩もやさしくて、学科のことや臨床工学技士の仕事など、どんな疑問にもわかりやすく答えてくれるのでとても参考になりました」

建築工学科を見学していた藤光さん(左)、田原さん(右)。「大学では住宅の設計をしてみたいので、どのような勉強をするのかを教えてもらいました。女子の先輩も多くて安心しました」

建築工学科を見学していた藤光さん(左)、田原さん(右)。「大学では住宅の設計をしてみたいので、どのような勉強をするのかを教えてもらいました。女子の先輩も多くて安心しました」

中井君(左)、古川君(右)「2年生ですが、先生に勧められて見学に来ました。建築デザイン学科で1年生が木の椅子を作っていたのが印象に残りました。自分もつくってみたいですね」

中井君(左)、古川君(右)「2年生ですが、先生に勧められて見学に来ました。建築デザイン学科で1年生が木の椅子を作っていたのが印象に残りました。自分もつくってみたいですね」

今年度2回目のオープンキャンパスは、8月21日(日)に開催します。今年も、楽しみつつ、学びの内容をより深く知ってもらえるようなイベントをご用意して、皆さんのお越しをお待ちしています!

関連情報