ドローンからスマホケースまで 魔法の箱「3Dプリンター」が広工大に登場!

3Dプリンターは可能性がいっぱい
3Dプリンターとは、コンピュータ上の設計図をもとに、樹脂などを使用して3次元の物体を作り上げる装置です。安価で簡単に、精度の高いものをつくることができるため、ものづくりの可能性を広げる機器として、大きな注目を集めています。
2015年、広島工業大学にも学生が自由に利用できる3Dプリンターが導入されました。

使ってみよう! 3Dプリンター
3Dプリンターの運営にあたるのは、「情報システムメディアセンター(以下、「ISMC」という)サポートセンター」の学生スタッフです。このちょっと長い名前の組織。学内にあるパソコンや情報機器の運用・管理を行ったり、コンピュータやネットワークでトラブルがあった場合は、その解決をサポートしてくれたりする、とても頼れる組織なんです。
では、3Dプリンターの申し込みから完成品の引き渡しまでの流れを、写真とともに見ていきましょう!

①三宅の森 Nexus21の3階にあるISMCサポートセンターデスクに、3DCADソフトで作成したデータを持ち込みます。

①三宅の森 Nexus21の3階にあるISMCサポートセンターデスクに、3DCADソフトで作成したデータを持ち込みます。

②その場でデータの形式を確認します。データ形式はSTL形式でお願いします。「データはこちらで間違いないですね」

②その場でデータの形式を確認します。データ形式はSTL形式でお願いします。「データはこちらで間違いないですね」

③ここからは、ISMCサポートセンターにお任せ!データをパソコンから3Dプリンターに読み込ませます。

③ここからは、ISMCサポートセンターにお任せ!データをパソコンから3Dプリンターに読み込ませます。

④ここで3Dプリンターが登場!ボタン一つで造形スタート。

④ここで3Dプリンターが登場!ボタン一つで造形スタート。

⑤ついに完成!形状や大きさによって完成までの時間は変わりますが、この大きさのコップでおよそ50分かかります。

⑤ついに完成!形状や大きさによって完成までの時間は変わりますが、この大きさのコップでおよそ50分かかります。

⑥完成したものを引き渡します。最近は卒業研究に使う実験部品の製作などの依頼が増えているそうです。

⑥完成したものを引き渡します。最近は卒業研究に使う実験部品の製作などの依頼が増えているそうです。

仮想デスクトップで誰でも3次元のものづくりが可能に
広島工業大学では「仮想デスクトップ教育基盤システム」が整備されています。これは、サーバー上に構築された仮想デスクトップ環境に、学内の端末からネットワーク経由でいつでも接続でき、必要なOSやソフトウェアを利用できるというシステムです。3Dプリンター用のデータ作成に必要な3DCADソフトを自由に使うこともできます。3DCADソフトの習熟は必要ですが、すべての学生が3次元のものづくりを気軽に行うことができるのです。

中央の十字形のものはドローン。アイデア次第で、どんな形状のものでも作ることができます。

中央の十字形のものはドローン。アイデア次第で、どんな形状のものでも作ることができます。

授業の理解が深まるISMCサポートセンターの活動
3Dプリンターの運営にも関わっているISMCサポートセンターのスタッフに、どんな活動をしているのか、どんなところにやりがいを感じるのか、話を聞きました。
出口玄君(情報学部情報工学科・2年)「パソコンや情報機器に関するトラブルなどへの対応を通して、コンピュータやネットワークに対する知識が深まっていくのを感じています。授業で習ったことにつながることも多く、ISMCサポートセンターの活動が学びの理解を深めることに役立っています
加藤綾花さん(環境学部地球環境学科・1年)「もともとパソコンやネットワーク関係が苦手だったので、ここで勉強しようと思いISMCサポートセンターに入りました。最初はわからないことも多かったのですが、周囲のメンバーにも助けられて、少しずつ知識も増えてきました。教職員の方に対応する機会も多いので、マナーや言葉遣いも自然と身に付いていきます」

「毎年2回、パソコンの講習会を開催し、3Dプリンターの利用方法についてもレクチャーしています。これを機会に、もっと使ってもらいたいですね」と加藤さん。

「毎年2回、パソコンの講習会を開催し、3Dプリンターの利用方法についてもレクチャーしています。これを機会に、もっと使ってもらいたいですね」と加藤さん。

ものづくりの可能性を広げる3Dプリンター
2次元を簡単に3次元にすることができる3Dプリンター。ものづくりへのモチベーションも、ぐっと上がることでしょう。初めて利用する人もISMCサポートセンターのスタッフがしっかりサポートしてくれるので安心です。気になる人は、Nexus21 3階のISMCサポートセンターデスクをのぞいてみてください!

情報システムメディアセンター(ISMC)

関連情報