チームワークが勝負のカギ! 第46回三宅駅伝

広島工業大学の真冬の名物行事といえば、そう「三宅駅伝」です。46回目を迎える伝統のイベントを、昨年12月14日に行いました。部活動の部35チーム、ゼミ・一般の部24チームが参加、寒さに負けない懸命な走りを見せてくれました。

開会式では昨年の優勝チームサッカー部の代表が優勝杯を返還。

開会式では昨年の優勝チームサッカー部の代表が優勝杯を返還。

正々堂々と走り抜くことを誓った選手宣誓。

正々堂々と走り抜くことを誓った選手宣誓。

この日は前日までの雪も止み、絶好の駅伝日和。風は吹いていましたが、参加者は皆、気合十分の表情です。コースは、例年通り広島工業大学の五日市キャンパス周辺の約4km。6人のランナーがたすきをつなぎ、合計タイムを競います。アップダウンが多いコースだけに、ペース配分が勝負のポイントとなります。

ハンドボール部のメンバー「優勝を目指します!」

ハンドボール部のメンバー「優勝を目指します!」

工大祭実行委員会のチームは、背中に羽根を付けた天使スタイルで走ります。「まずは完走を目指します」。一部では「メロス」とも呼ばれていました。

工大祭実行委員会のチームは、背中に羽根を付けた天使スタイルで走ります。「まずは完走を目指します」。一部では「メロス」とも呼ばれていました。

工学部建築工学科の教員チームも参加。学生に負けずに頑張ります!

工学部建築工学科の教員チームも参加。学生に負けずに頑張ります!

今年も情報システムメディアセンター(ISMC)の学生が、コースの3カ所から中継。スタート地点のモニターの前は、チームメートを応援する学生でいっぱいでした。

今年も情報システムメディアセンター(ISMC)の学生が、コースの3カ所から中継。スタート地点のモニターの前は、チームメートを応援する学生でいっぱいでした。

10時30分、鶴学長のピストルの音でスタート。まずは、スタート直後の下り坂を全力で駆けていきます。

「先頭は譲らない!」59チームの第一走者がしのぎを削ります。

「先頭は譲らない!」59チームの第一走者がしのぎを削ります。

思いをたすきに込めて、次の走者につなぎます。

思いをたすきに込めて、次の走者につなぎます。

広工大の裏門付近が坂の頂上です。ここからは下り坂、頑張って!

広工大の裏門付近が坂の頂上です。ここからは下り坂、頑張って!

ISMCによる今年の中継は、すべて有線で行われました。「昨年と比べて安定した映像を届けることができたと思います」とメンバー。

ISMCによる今年の中継は、すべて有線で行われました。「昨年と比べて安定した映像を届けることができたと思います」とメンバー。

レースは、陸上競技部が2位に10分近い差をつけて優勝、昨年サッカー部に敗れた雪辱を果たしました。そして、スタートからおよそ2時間半、すべてのチームがたすきをつなぎ、今年の三宅駅伝も無事に終了しました。

優勝した陸上競技部。ゴールの瞬間に喜びを爆発させます。

優勝した陸上競技部。ゴールの瞬間に喜びを爆発させます。

建築工学科教員チームは高松先生がアンカー。

建築工学科教員チームは高松先生がアンカー。

部活動の部で優勝した陸上競技部チーム。「総合力、チームワークで優勝することができました。来年も連覇目指して頑張ります!」

部活動の部で優勝した陸上競技部チーム。「総合力、チームワークで優勝することができました。来年も連覇目指して頑張ります!」

ゼミ・一般の部で優勝した地球環境学科のチーム「去年は2位だったのでうれしいです。リーダーがチームをまとめてくれました」

ゼミ・一般の部で優勝した地球環境学科のチーム「去年は2位だったのでうれしいです。リーダーがチームをまとめてくれました」

職員より温かい豚汁がふるまわれました。

職員より温かい豚汁がふるまわれました。

「200人以上の学生、教職員の皆さんに参加いただき、感謝しています」と体育会本部で運営を担当した川下大風君(工学部都市デザイン工学科・2年)

「200人以上の学生、教職員の皆さんに参加いただき、感謝しています」と体育会本部で運営を担当した川下大風君(工学部都市デザイン工学科・2年)

参加した皆さん、そして運営に携わった体育会本部の皆さん、中継を担当したISMCの皆さん、お疲れさまでした!

体育会本部

ISMC(情報システムメディアセンター)

関連情報